新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての情報

ごみ袋をもらうための券を送りました

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

箕面市では、燃えるごみを捨てるとき、決まった袋を使わなければなりません。この袋は、「引換券(はがき)」があると、指定されたコンビニ、スーパーなどで、無料でもらうことができます。引換券は、8月の初めに送りました。ごみ袋をもらえるのは、12月28日(月)までです。この日を過ぎると、もらえる枚数が少なくなります。今年から、選べるごみ袋の大きさが20と30と40の3種類になります。ごみ袋をもらいに行くときは、袋を入れる大きめの袋を持っていってください。

(1)次の家庭は、追加でもらうことができます。その引換券は8月中旬に届きます。

  1. 2020年9月30日に3歳になっていない子どもがいる家庭(事前申請は不要です。)
  2. 65歳以上、または体に障害をもっていて、紙おむつを使っている人がいる家庭(事前申請が必要です。市役所の環境整備室で申し込んでください。)

(2)次の人は、手続きをすれば、ごみ袋をもらうことができます。
2020年7月より後に子どもが生まれた人、または、3歳になっていない子どもといっしょに箕面市に引っ越してきた人:市役所で出生届・転入届の手続きをするときにもらうことができます。

  1. 65歳以上、または体に障害をもっていて、はじめて紙おむつを使うことになった人:市役所の環境整備室で申し込んでください。引換券を送ります。

問合せ:環境整備室
電話:072-729-2371 FAX:072-729-7337
e-mail:seibi@maple.city.minoh.lg.jp

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

ごみ 生活
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました