新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての情報

妊婦・受験生へのインフルエンザ予防接種の助成金

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

妊娠している人、または受験をする年齢の人(中学3年生・高校3年生など)がインフルエンザ予防接種を受けるとき、助成金(費用が安くなります)の申請ができます。当てはまる人には申込書(助成金申請書)を送りました。

安くなる金額:¥1,000(一人1回だけ)

対象:2020年10月1日から12月28日の間に箕面市に住んでいて、次に当てはまる人

(1) 母子健康手帳を持っている妊婦
(2) 2005年4月2日~2006年4月1日生まれの人
(3) 2002年4月2日~2003年4月1日生まれの人

接種期限:予防接種は2020年12月28日(月)までに受けてください。

申込み方法:予防接種を受けるとき、届いた申請書を病院に出してください。申請書が届かない人は「子どもすこやか室」に聞いてください。

※申請書が届く前に予防接種を受けた人は、後でお金を受け取ることもできます。予防接種の領収書をつけて申し込んでください。よくわからないときはMAFGAに相談してください。

問合せ:子どもすこやか室
電話:072-724-6768 FAX:072-721-9907
e-mail:sukoyaka@maple.city.minoh.lg.jp

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

健康
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました