●保育所に入りたいときの申込み

印刷する / Print this page

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

箕面市にある市立保育所、民間保育園、認定こども園、地域型保育事業所に子どもを預けたい人は、次の方法で申込みをしてください。ただし、定員がいっぱいのときは入園できないこともあります。
◆保育所に入ることができる子ども
(1) 保育所に入るときに生まれて57日目以降から小学校に入る前までの子ども
(2) 次の理由で、保護者が家庭で子どもの保育ができないとき (一日4時間以上の仕事を週4日以上しているなどにより、家庭で子どもの保育ができない人を入園の対象とします。)
a. 自分の家以外で仕事をしている
b. 自分の家で子どもと離れて家事以外の仕事をしている
c. もうすぐ別の子どもが生まれるか生まれたばかり
d. 病気や障害がある
e. 介護が必要な家族がいる
f. 災害の復旧をしている
g. 学生である
h. 子どもに支援保育が必要であると認められているとき、など
(3) 保育所に入るときに箕面市に住んでいる子ども
◆申込みの時期
(1) 4月に入りたいときは、その前の年の11月頃に申し込みます。
(2) 5月以降は、入りたい月の前の月の5日までに申し込みます。たとえば、5月から入りたいときは4月5日が期限です。
(3) 2月と3月に入りたいときは、4月に入りたいときの申込みと同じ期限です。
◆申込みの方法
(1) 申込書類をもらいます。
子ども総合窓口(市役所別館2階)、市立保育所、民間保育園、認定こども園、豊川支所、止々呂美支所、総合保健福祉センターでもらうことができます。箕面市のホームページからダウンロードすることもできます。
(2) 申込書と書類に必要なことを書いて、子ども総合窓口へ提出します。
「マイナンバーカード」、またはマイナンバー「通知カード」と本人を確認できる書類(運転免許証など)、がいります。
※英語のホームぺージも見てください。
https://www.city.minoh.lg.jp/jinken/kokusai/guidebook/education.html#ninteikodomoen
問合せ:子ども総合窓口
電話:072-724-6791 FAX:072-721-9907
e-mail:infancy@maple.city.minoh.lg.jp

 

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

こども・教育
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました