学生は国民年金保険料を後で払うことができます(学生納付特例制度)

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

20歳以上の大学生、大学院生、短期大学生、高校生、高等専門学校生、各種学校生(定時制・通信課程も含む)は、2020年1月から12月までの所得(給料など)が少ないとき、2021年4月から2022年3月までの国民年金保険料を、後で払うことができます。この制度を使うには、申込みが必要です。

※後で払うことにした国民年金保険料は10年以内に払うことができます。払わなかった場合、「学生納付特例」の期間は、「受給資格期間」(年金に加入していた期間)にはなりますが、将来受け取る年金の金額は増えません。詳しいことは問い合せてください。

申込みに必要なもの:(1)本人確認書類(在留カードや運転免許証など)、(2)年金手帳、(3)学生証(2021年度に有効なもの)または在学証明書(2021年度に発行されたもの)

申込みの場所:市役所の医療保険・年金・介護窓口、豊川支所または止々呂美支所

問合せ:介護・医療・年金室

電話:072-724-6735 FAX:072-724-6040

e-mail:iryouseido@maple.city.minoh.lg.jp

豊中年金事務所

電話:06-6848-6831 FAX:06-6854-3638

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

Trẻ em / giáo dục
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました