生ごみを出すときは カラスに注意

印刷する / Print this page

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

4月から6月まではカラスの子育ての時期です。子どものエサになる食べ物を見つけるために、カラスは最もはげしく生ごみを荒らします。特にこの期間は、生ごみは箕面市指定のごみ袋に入れて、ネットでくるんでください。ネットの端が見えていたり、重しでしっかりと押さえないと、カラスがネットの下にもぐって、ごみを引きずり出します。

また、人がカラスの巣の近くを通ると、攻撃をしてくることがあります。カラスの巣を発見したときは、環境動物室へ知らせてください。

問合せ:環境動物室
電話:072-724-7039 FAX:072-723-5581
e-mail:animal@maple.city.minoh.lg.jp

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

ごみ
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました