新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての情報

外国人市民が安心して暮らすために 災害に備えて取り組んでいること

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

自然災害の多い日本では、災害があったときに何をしたらいいか分からない、災害情報を理解できないという理由で、不安を感じる外国人市民は多くいます。そのため、箕面市では次の4つのことを行っています。

◆外国人防災アドバイザーがいます

「外国人防災アドバイザー」は、日本語が話せる外国人市民で、災害についての研修を受けた人です。外国人防災アドバイザーは、外国人市民が災害に対する知識を持つための手助けをします。これにより、外国人市民は地域の中で、お互いに助け合い、正確な情報を持つことができます。今後、防災について学べる研修やイベントを行う予定です。

◆英語版の市民安全メールを配信しています

災害があったとき、英語版の「市民安全メール」を配信します。市民安全メールには、災害の情報が書いてあります。登録することによって、情報を早く正確に受け取ることができます。また、市からの緊急情報の一部を多言語(韓国・朝鮮語、中国語、英語など)に翻訳したものは、MAFGAのホームページやSNSで見ることができます。

※市民安全メールの登録は、

http://anzen.minoh.net/pc.html から行うことができます。

◆「やさしい日本語」で話しかけてくださいと伝えています

災害があったとき、困っている外国人市民を見かけたら、積極的に「やさしい日本語」で話しかけてください、と箕面市民に協力を頼んでいます。困ったときは、安心して周りの人に質問してください。

◆箕面市民と外国人市民が交流できるイベントをします

外国人市民が地域とのつながりを持つことができるように、定期的にイベントを行っています。イベントの詳しい情報は、MAFGAのホームページを見てください。

問合せ:文化国際室
電話:072-724-6769 FAX:072-724-6010
e-mail: bunka@maple.city.minoh.lg.jp

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

カテゴリーなし
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました