新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての情報

箕面市奨学生の募集

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

収入が低いなど、経済的な理由のため高校や高等専門学校へ行くのが難しい学生は、箕面市から奨学金がもらえるか、借りることができる制度があります。希望する人は申し込んでください。
◆奨学金の種類
(1) 給付型奨学金(返さなくてもよい奨学金)
奨学金給付額(もらえるお金):年間\50,000
定員:約500人(申込みが多いときは、抽選で選びます)
(2) 貸与型奨学金(卒業した後などに返す奨学金)
奨学金貸与額(借りることができるお金):公立高校などは年間\150,000まで、私立高校などは年間\300,000まで
定員:公立高校は約20人、私立高校は約20人
◆対象
次のa.からc.のすべてに当てはまる人
a. 高校生または高等専門学校生。
b. 保護者が箕面市内に住んでいる。
c. 保護者が、(1)の奨学金は2022年度の市民税を払わなくてよい人。(生活保護を受けている場合は対象ではありません。)
(2)の奨学金は2021年度の収入が生活保護基準額の1.5倍以下の人。
◆申請書(申込みの書類)と募集要項(申込みの説明書)
(1)の奨学金は4月1日(金)から12月5日(月)まで、(2)の奨学金は4月1日(金)から4月28日(木)まで、学校生活支援室、豊川支所、止々呂美支所でもらうことができます。箕面市のホームページからダウンロードすることもできます。(日本語のみ)
(1)の申請書(「箕面市奨学資金給付申請書」)と募集要項
https://www.city.minoh.lg.jp/edukanri/documents/r4_kyuuhu_sinnseisyo.pdf
https://www.city.minoh.lg.jp/edukanri/documents/r4_kyuuhu_bosyuuyoukou.pdf

(2)の申請書(「奨学生申請書」)と募集要項
https://www.city.minoh.lg.jp/edukanri/documents/r4_taiyo_shinseisyo.pdf
https://www.city.minoh.lg.jp/edukanri/documents/r4_taiyo_bosyuyoukou.pdf

◆申込み方法
(1)の奨学金は、申込書に記入して学校生活支援室へ持って行くか、簡易書留郵便で送ってください。
(2)の奨学金は、申込書に記入して学校生活支援室に持って行ってください。郵便での申込みはできません。
※(1)、(2)とも支所での受付はしていません。
問合せ:学校生活支援室
電話:072-724-6760 FAX:072-724-6010
e-mail:edushien@maple.city.minoh.lg.jp

 

この記事(きじ)は、次(つぎ)の言語(げんご)でも読(よ)めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

こども・教育
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました