放火を防ぐためにできること

印刷する / Print this page

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

火事を起こすために火をつけることを「放火」といいます。火事の原因の多くは放火によるものだと言われています。放火されないようにするために、次のことに注意しましょう。
(1) ごみは決められた収集日や時間を守る。前の日の夜から出さない。
(2) 家のまわりに燃えやすい物(ダンボールや古新聞紙・雑誌など)を置かない。
(3) 玄関や門の電気をつけて、家の周りを明るくする。
(4) ポストに郵便物などをためない。
(5) 車やバイクのカバーは燃えにくいものを使う。
(6) 住んでいない家、車庫、物置などには鍵をかける。
火事を発見したら大きな声で周りの人に教えてください。そして消防署に電話してください。消防署の電話番号は119です。
問合せ:消防署警防第一室・第二室
電話:072-724-9090 FAX:072-724-6416
e-mail:keibou1and2@maple.city.minoh.lg.jp

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

安全・防災
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました