新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての情報

安全

防災

防災マップをご確認ください!

あなたの家はどちらが安全? 「避難所に行く」?それとも「家にいる」? 最新の防災マップは、昨年7月号のもみじだよりと一緒に全戸配布した「令和3年6月発行保存版」です。令和元年に配布した「令和元年5月版」から、浸水害のハザードエリア※2が大...

家の火事から命を守る10のポイント

家の火事の多くはちょっとした不注意で起きます。また、最近は家の火事で亡くなる人の多くが65歳以上のお年よりです。一人ひとりの心がけでたくさんの火事は防げます。次の「4つの習慣・6つの対策」を毎日の生活の中でもう一度確認してください。 ◆4...
安全

大きい災害! 「私の家族は大丈夫」と知らせる「黄色いハンカチ作戦」

大阪北部を震源とする震度6弱の地震が2018年6月18日(月)に起こりました。箕面市内でも建物が壊れるなどの被害や混乱がありましたが、「黄色いハンカチ作戦」をした自治会では、住民の安全を早く確認することができました。災害が発生したときには、...

もうすぐ狩猟期間です。入山にはご注意ください

11月15日(月)〜3月15日(火)は狩猟期間です。狩猟者のみなさんが猟犬を連れて山に入 り、銃や「箱わな」「くくりわな」などの法定猟具を使用して、イノシシやシカなどを捕獲します。 ハイキングや山菜採りなどで山に入る場合には、「わな...

「避難所に行く?」 それとも「家にいる?」

2021年6月発行の新しい「防災マップ」で、自分の家がどのエリアにあるか確かめてください。色が塗られていたら、災害のときは安全な場所に移動する必要があります。暗くなる前、風や雨が強くなる前に行動しましょう。 (1) 「防災マップ」のレッド...

山の火事を起こさないよう注意してください 

箕面市の面積の3分の2は山や森です。山で火事が起きると、元の森に戻るまで何十年もかかります。山で火事を起こさないように、次のことに注意してください。 (1) 枯れた草の近くや、火を使ってはいけない場所で、たき火をしない。 (2) 風が強...

子どもの水の事故に気をつけましょう

これからの季節は川や海などでの事故が増えます。特に子どもの水での事故が全国で毎年起きています。家族で川や海へ行ったときは、いつも子どもの安全を確認してください。また、箕面市には池がたくさんあります。もし池にまちがって落ちてしまうと、大人でも...
こども・教育

園児の安全を守るキッズゾーン

箕面市では、保育園や幼稚園などの周り、半径500mの道路を「キッズゾーン」とします。園児が散歩など園の外での活動を安全に行うことができるように、作りました。道路の上に「キッズゾーン」と書いてあります。キッズゾーンでは速度を落として走り、より...
防災

住宅用火災警報器を取り付けていますか?

住宅用火災警報器は、家で火事が起きたことを音で知らせる道具です。逃げ遅れて死ぬ人を少なくしたり、家や財産を失ったりしないようにするために、この警報器はとても大切な働きをします。箕面市では全部の家の寝室、台所、階段に警報器を取り付けることが決...

英語の「市民安全メール」

箕面市では地震や台風などの災害が起こったときに、「市民安全メール」で必要な情報を出しています。これを英語でも受け取ることができるようになりました。ぜひ登録してください。  (英語のみ) 問合せ:文化国際室 電話:072-724...
タイトルとURLをコピーしました