新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての情報

防災

防災

火事を防ぐために燃えにくい製品を使いましょう

火がつきにくく、燃えにくい布を使った製品があります。それらは、火事ややけどを防ぐのに役に立ちます。カーテン、じゅうたん、布団、服など、いろいろな種類があります。それらの製品には「防炎」や「防炎製品」というラベルが付いています。 消防本部は...
防災

緊急地震速報が鳴ったら…

自分の安全を一番最初に考えてください 「緊急地震速報」は、大きな地震が来る前に、「もうすぐ大きな地震が来ます」と知らせる警報(お知らせ)です。これはテレビや携帯電話などから警告音が鳴ったあと、今から来る地震の大きさなどを知らせます。携帯電...
防災

今すぐ始めよう!大災害の備え

大きな地震・台風で災害が起きたときは、ほかの地域からの支援(助け)が3日間ほどは届きません。電気・水道・ガスが止まり、生活に必要な品物が買えなくなることがあります。もしそうなっても、3日間は暮らすことができるよう、それぞれの家で今すぐ準備し...
MAFGAからのお知らせ

外国人防災アドバイザー募集

内容:防災研修や防災訓練修了後に、「市外国人防災アドバイザー」として外国人市民向けのセミナーやイベントを企画・開催する 応募資格…市内在住、在職、在学の外国人市民で、日本語で意思疎通ができ、年間7回程度(土曜日)、防災研修や企画会議な...
安全

「避難所に行く?」 それとも「家にいる?」

2021年6月発行の新しい「防災マップ」で、自分の家がどのエリアにあるか確かめてください。色が塗られていたら、災害のときは安全な場所に移動する必要があります。暗くなる前、風や雨が強くなる前に行動しましょう。 (1) 「防災マップ」のレッド...
防災

新しい「防災マップ」を確認してください!

新しい「防災マップ(2021年6月発行保存版)」を『もみじだより』7月号といっしょに配りました。「防災マップ」は、地震や大雨などの災害が起きたときに危ないところや、避難場所(安全に過ごせる場所)を示した地図です。この新しい「防災マップ」は、...
防災

新しい避難情報に注意!

台風などの災害が起きて、避難する(安全な場所に移動する)必要があるとき、箕面市は避難情報を出して、市民に知らせます。国がこの避難情報に関する法律を変えたので、箕面市の避難情報も5月20日から変わりました。下の表のとおりです。避難情報は日本語...
防災

大雨の対策をしてください

日本では、6月になるとはげしい雨の降る日が増え、大雨や洪水などの災害が起きることがあります。大雨や洪水の被害を少なくするために、ふだんから次のような対策(用意)をしてください。 (1) 家のそばの溝の中をそうじします。 溝の中に落ち葉や...
防災

1月17日(日)は防災訓練の日

防災訓練は、大きな地震や災害が起きたとき、どんなことをしなければならないかを練習(訓練)することです。箕面市では、毎年1月17日に、市全体で防災訓練をします。今回の訓練日は日曜日なので、家族全員で訓練に参加しましょう。朝10:00に、公園な...
防災

火事から命を守る7つのポイント

住宅の火事の多くは小さな不注意でおきています。一人ひとりの心がけでたくさんの火事は防げます。次の「3つの習慣・4つの対策」をもう一度確認してみましょう。 ◆3つの習慣(火事が起きないように気をつけること) (1) 寝たばこは絶対...
タイトルとURLをコピーしました