今すぐ始めよう! 大災害の備え

印刷する / Print this page

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

大きな地震・台風で災害が起きたときは、ほかの地域からの支援(助け)が3日間ほどは届きません。電気・水道・ガスが止まり、生活に必要な品物が買えなくなることがあります。もしそうなっても、3日間は暮らすことができるよう、皆さんも今すぐ準備してください。

◆次の3つを災害に備えるための習慣にしましょう
(1) 冷蔵庫・パントリーをいつもいっぱいにします。多めに食品を買って家に置いておき、古いものから使います。使ったらすぐ買い足します。

a. 飲み水: 一日あたりひとり3リットルを3日分(合計9リットル)。家族の人数分を用意しましょう。
b. 食べもの: そのまま食べられる缶詰・ビン詰の食品、レトルト食品。いつも食べている食品でよいです。

※停電の(電気が止まる)ときは、冷蔵庫は食料品を置いておく場所にもなります。冷蔵庫のドアはできるだけ開けたり閉めたりする回数を少なくすると、中の冷たい空気を保つことができます。冷蔵品が多いときは、冷凍室に入れたり、クーラーボックスも使って冷凍の食べ物といっしょに保存しましょう。停電のとき、最初に冷蔵庫の中のものから食べ始め、次に冷凍室の中の食品、最後に保存食と、順番を考えて食べましょう。

(2) お風呂の水はいつもいっぱいにします。トイレの流し水や生活用水に使います。停電と同時に断水する(水道が止まる)ことがあります。

(3) 車のガソリンはいつもいっぱいにします。出かけた後は、帰りにガソリンを入れて、いっぱいにしておきます。車はどこかに出かけるだけでなく、暖房や冷房ができます。スマートフォンや携帯電話の充電ができる車もあります。

問合せ:市民安全政策室
電話:072-724-6750 FAX:072-724-6376
e-mail:bousai@maple.city.minoh.lg.jp

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

安全・防災
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました