国民年金保険料を払うことができないとき

印刷する / Print this page

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

自分で仕事をしている人(自営業者)や仕事がない人(無職の人)で、収入が少ないために保険料を払うのが難しい人は、保険料を減らしてもらったり、遅れて払ったりできる制度(「免除・納付猶予制度」)があります。どのくらい保険料を減らしてもらえるかは、前の年の収入で決まります。この制度を利用したい人は、市役所または豊川支所、止々呂美支所で申し込んでください。

※申込みは毎年必要です。しかし、2020年6月30日までに「継続申請」をして認められた人は、申し込まなくてもいいです。

※減らしてもらった保険料または払わなかった保険料を、後から払うことができる制度(「追納制度」)もあります。詳しいことは市役所に聞いてください。

問合せ:介護・医療・年金室
電話:072-724-6735 FAX:072-724-6040
e-mail:iryouseido@maple.city.minoh.lg.jp

この記事は次の言語でも読めます: 한국어 (韓国・朝鮮語) 简体中文 (中国語) English (英語) Tiếng Việt (ベトナム語)

多言語による生活相談窓口

各機関への問合せが難しい場合は、MAFGA(箕面市国際交流協会)へご連絡ください。職員がお手伝いします。

TEL: 072-727-6912
Email: soudan@mafga.or.jp
日時:火曜日から日曜日 9:00~17:00
受付方法:来館、メール、電話
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語

子育てや教育、仕事、医療、福祉、在留資格など、生活での悩みや困りごとに対応します。秘密厳守。相談は無料です。

年金
シェアする
みのお多言語ポータル
タイトルとURLをコピーしました